レーシックイメージ

レーシックをおすすめする理由

私は小学生のころから近視に悩んできました。
徐々に悪くなり、黒板も見えにくくなってメガネを作ったのが10歳頃。
でもメガネの自分が大嫌いで、高校生になってコンタクトに。
メガネ生活から解放されて性格も明るくなり、コンタクトがやめられなくなりました。
それから15年ほどコンタクト生活を続けていると、いつの間にかドライアイに悩まされるようになりました。
一日中コンタクトをつけていると目がショボショボして夜には痛くてつけていられない状態になってしまいました。
特に乾燥した季節やエアコンの効いた部屋、たばこの煙の近くにいることは本当に苦痛で苦痛で。
かと言ってメガネに戻りたくない・・・。
そんな時、知り合いの方にレーシックの事を聞きました。
その方の友達がレーシックを受けたから、良かったら説明を聞いてみないかと。
レーシックってなに・・・。
知識が全くなかったので不安もありましたが、今の違和感のある目の生活が変えられるのならと話を聞くことに決めました。
その方に受けた病院やレーシック手術の説明書まで持ってきてもらったので、大体の事は分かりました。
目にレーザーを当てる・・・。
怖い気持ちはありましたが、今の目の状態がつらい私は、すぐになんとかしたいと思い病院に話を聞きに行きました。
病院に行くと、まず目の検査です。
そして説明。
目の手術の一週間前からは化粧をしてはいけないとか厳しい制約はありましたが、かえってそのほうが信用を持つことができました。
そして私の角膜の厚さは手術ができるギリギリの数値だということが分かり、すぐに受けることに決めました。
30万円を準備し、いざ本番です。
手術はあっという間でした。
椅子に寝かされ、上から機械が目に押し付けられます。
その機械がまぶたを開いて固定し、レーザーが当てられました。
麻酔の目薬をしているので痛みはありません。
機械からの圧迫感だけです。
両目を受けたあと、目を開いても何も見えない状態で失明したかと心配しましたが、そのあとの処置ですぐに見えるように。
びっくりです。
手術直後、コンタクトをしなくても1.0あったんです。
待合室のポスターの文字、看護師さんの顔。
すべてがクリアで良く見え、そこから私の人生が変わりました。
朝目を覚ました時にメガネやコンタクトをつけない快適さ。
ドライアイに悩まされることもない。
私と同じような悩みを持っているならレーシックは本当におすすめです。
手術を受けてから6年、今も視力は維持できています。
明るく快適な毎日の生活。
本当に受けてよかった。

Copyright(C) 2014 視力UP.com All Rights Reserved.